陸前高田.jpg
失われたすべてのかけがえのない輝きに
こころから哀悼の意を表します。

穏やかな春の海。

わずか数分後には、街の景色が一変し、

これまでの生活や自分の生命までが一瞬にして失われてしまう。

そんな恐ろしい「まさか」が、

現実に起き得ることなんだと思い知らされたあの日。

2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Instagram

​震災11年目におもうこと

小春日和の穏やかな海。

わずか数分後には、街の景色が一変し

これまでの生活や自分の生命までが

一瞬にして失われてしまう。

そんな恐ろしい「まさか」が

現実に起き得ることなんだと思い知らされたあの日。

2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒

あれから11年。

忘れられる環境で暮らすひとたちと

終わらない現実の中でいまだ悲しみに向き合うひとたち。

歳月の重ね方には大きすぎる違いがある。

目に見える環境と、目に見えないこころの問題。

いまなお多くの課題が積み残されている現状。

あのころの子供たちは大人になり

故郷のあの日を想い、大切なことを伝えることを

使命とするひとも少なくない。

年とともに褪せることなく

いざという時に備える大切さを教えるために

自身の苦しい体験を伝えてくれている。

失われたすべてのかけがえのない輝きに

こころから哀悼の意を表します。​

​     2022年3月11日

​     株式会社キビィズ 大江 康一郎